ガンの三大治療

ガンの三大療法とは?

ガンの治療法については、特に最近はいろいろ取りざたされていますが、ここではガンの三大療法について考えてみたいと思います。

三大療法とは、「手術療法」「化学療法(抗がん剤)」「放射線療法」の3つの治療法のことを指します。
一般的にガン治療はこの3つの治療法のいずれか、または組み合わせで行われることが多くみられます。

ガンの種類やガンの進行度合いによって、またガン患者の状況や希望によって、どの治療法が用いられるかはケースバイケースですが、問題とされているのは、本当にこれらの治療法でガンが治るのかどうかということです。

特に問題とされているのが手術によるガン治療です。
あえて手術をすることで、寿命を縮めてしまっている人が多いといわれるようになってきました。

そして、手術について言えることは、もし仮にごく小さな転移もなく、ガンの塊を一度にすべて切除できるのであれば、手術で治る可能性は高いでしょう。

しかし、多くの場合、ガンが発見された時には微小転移が起こっていますし、血管やリンパ管からガン細胞は全身に散らばっています。
例え手術がうまくいっても、その後の再発や転移には十分に注意が必要です。

また、抗がん剤による副作用についても同様の問題が指摘されています。

確かに抗がん剤の中にも、一部のガンに対しては効果のある場合もあります。

例えば、急性白血病や悪性リンパ腫などのような血液のガンは抗がん剤で治る可能性がありますし、子宮絨毛がんや睾丸腫瘍なども抗がん剤が有効な場合があります。
また、小児がんに対しても抗がん剤は効果を発揮することがあります。

但し、これらはガン全体の10%以下ではないかとも言われています。
言い換えると、90%以上のガンに対して、抗がん剤は必ずしも有効とは言えないということになります。

放射線治療に関しても同様で、放射線がよく効くガンと効きにくいガンがあります。
放射線治療は、ガンを治すことを目的として単独で行われることもありますが、その他の治療と併用して行われることも多々あります。

また、骨に転移したガンや神経を圧迫しているガンなどによる痛みの緩和に有効であったりします。しかし、放射線治療だけで完治させられるガンはほんの一部にしか過ぎません。

以上のように、三大療法によって治ったり改善したりするガンも確かにあるでしょうが、いずれの治療法でも完治できるガンは全体のほんの一部にしか過ぎません。

完治できないどころか、非常に強い副作用に苦しめられたり、QOL(生活の質)を落とすような後遺症を患ってしまったりすることさえあるのです。

手術のみならず、抗がん剤や放射線療法で寿命を縮めてしまっている人も数え切れないほどいます。

病気を良くする治療のはずが、辛い副作用に苦しめられたり、重い後遺症でQOL(生活の質)を落とさざるを得なくなったり、最悪の場合は寿命を縮めてしまったりと、全く逆効果の治療になっていることが本当に多いのです。

確かに三大療法も、緊急を要する救命的な治療としてや、痛みや機能障害などOQL(生活の質)を落とすような症状の緩和などには、“応急処置”として有効な場合もあるでしょう。

しかし、これらの治療法は延々と続けられる治療法ではありません。効果のない場合は、副作用や後遺症に苦しめられるだけではなく、寿命を縮めてしまう場合も多いのです。

以下に三大療法の問題点をまとめておきます。

1.手術の問題点
・手術の傷の治癒と全身の回復に時間がかかる
・臓器を切除することによって機能が失われることがある
・微小転移(ごく小さな転移)は治療できない
・手術が不可能な場所にできたガンは治療できない

2.抗がん剤の問題点
・ガン細胞以外の健康な細胞にもダメージを与える為、さまざまな副作用があらわれる
・ガンの種類によっては効果があらわれにくい
・高額な薬を長期にわたって使用することもある

3.放射線療法の問題点
・照射部分の炎症症状などの放射線障害があらわれる
・めまいなどの副作用があらわれることもある
・一部の放射線治療において行動の制限が必要となる


 

サイトマップ