肝臓ガンの症状

肝臓がんの約9割は転移性肝臓がん

肝臓がんはがんによる死因の第4位となっていて、年間約3万5千人の人が肝臓がんで亡くなっています。

肝臓は、人間の身体の中で最大の臓器で、栄養の貯蔵・アルコールの分解・解毒・胆汁(消化液)の分泌など、さまざまな役割を担っています。
肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、がんができたとしても、ほとんど症状がでないという特徴があります。それは肝臓には痛みを感じる痛点がないためです。そのため、がんがかなり進行してしまい、手術ができない状態で発見されるケースもあります。

肝臓はがんが転移しやすい臓器で、肝臓がんの約9割が他の臓器から転移してきた転移性肝臓がんです。
肝臓自体からがんが発生する原発性肝臓がんは一割弱とまれです。

肝臓がんの原因としては、肝炎ウイルス(B型・C型)の感染、慢性肝炎や肝硬変、過度の飲酒、たばこ(喫煙)などのようなことが考えられます。

肝臓がんの原因となりやすいのは、B型とC型の肝炎ウイルスで、輸血・性交・出産など、血液や体液同士が接触することで感染します。
肝臓からがんが発生する原発性肝臓がんの原因の約95%が肝炎ウイルスによるものなのです。
特にC型肝炎ウイルスに感染している人は、感染していない人に比べて約1000倍がんが発生しやすいと考えられています。

肝臓が炎症を起こす病気が肝炎が、長期的に炎症を繰り返すと慢性肝炎となります。
この慢性肝炎がさらに悪化すると、肝硬変という病気になり、肝硬変からがんに発展する可能性は約7%です。

また、肝臓がんの原因として過度の飲酒(お酒)が原因になることはよく知られています。

お酒を長期的に過剰に摂取することにより、肝臓の解毒・分解能力に過度の負担をかけ続けることになり、がんの発生リスクを確実に高めます。

肝臓にがんができたとしても、ほとんどの場合無症状が多いのですが、代表的な症状は次のようなものです。

・上腹部・背中の鈍痛
・腹部のしこり
・食欲不振・体重減少
・全身にだるさを感じる
・微熱が続く
・貧血、黄疸、腹水

これらの症状には、慢性肝炎や肝硬変などによる症状も含まれています。
身体の不調や異変を感じたら、なるべく早く病院で診断してもらうことが大切です!

自宅で肝臓ガンに対処する最新の食事法
⇒荒木裕先生の荒木式がん対策食事法

 

サイトマップ