胃ガンの症状

胃がんは治療により治ることが多い

日本人はもともと胃がんになりやすいと言われていて、胃がんは日本人のがんによる死亡者数では第2位となっています。

しかし、毎年胃がんにかかる人の数は約10万人に及び、肺がんになる人の2倍程度いることになりますが、胃がんは治療により治ることが多く、死亡率はそれほど高くありません。
これは、早期に発見できるケースが増えてきたためで、早期発見することができれば、約98%を治すことができるといわれています。

胃がんは50歳以上の特に男性がなりやすいのが特徴で、男性は女性の2倍胃がんになりやすいというデータもあります。

胃がんの原因として考えられているものは、たばこ(喫煙)、塩分の多い食物、化学物質や食品添加物の摂取、慢性的な胃炎、ストレスなどがあります。

要するに、胃の中の環境を長期間にわたり悪くすると、正常な細胞が突然変異を起こしがん細胞へと変異して、胃がんを発症しやすくなるということです。

胃の中の環境を悪くする要因としては、たばこ・塩分の多い食物・ストレスなどがあげられますが、その中でも特に発生リスクを高めるとされているのが「喫煙」です!

たばこを吸う人は、たばこを吸わない人に比べて約3倍胃がんになりやすいとされています。

胃にがんができるとさまざまな症状が現れますが、その症状は胃炎や胃潰瘍と非常に似ているため、きちんと病院で検査する人は少ないものです。

また、胃がんは症状が全くでない場合も多く、胃がん患者の約半数の人が無症状であるといわれています。

胃がんの症状としては、下記のような症状がありますが、がんのできた部位や個人差によってさまざまです。

・胃の辺りがシクシク痛む
・食事をとると痛みがやわらぐ
・胸焼けや腹部の不快感がある
・消化不良
・進行すると、体重減少・食欲不振・貧血

胃がんは早期に発見すれば約98%を治すことができるといわれているので、異常に気づいたらできるだけ早く病院を受診することが重要です!

自宅で胃ガンに対処する最新の食事法
⇒荒木裕先生の荒木式がん対策食事法

 

サイトマップ